【外コンで潰れた筆者が語る】仕事で病みやすい・潰れやすい人の特徴14選

対象読者

  • 仕事が辛い人
  • 実際に病んだり、潰れてしまった人
  • 中間管理職

はじめに

私は2022年10月現在、休職しています。

原因は仕事のストレスにより、うつ病と診断されたためです。

毎日朝から晩まで気を張り詰めて働いており、日々プレッシャーを感じながら、何も楽しさを見出すことができない日々の果てに体も心も動かすことができなくなってしまいました。

この記事はそんな私の実体験、そして休職中に自分自身をじっくり振り返ってみた結果を基に執筆しています。

うつ病を診断される直前は、頭痛、首・肩凝り、異常な発汗、体のほてり、絶望感などの症状が現れていました。

しかし今となっては、うつ病の根本原因は体や心に症状が出る以前から抱えていたものだと思っています。

それは、ものの考え方や性格上の原因です。

この記事では、「仕事で病みやすい・潰れやすい人の特徴」と題して、「ものの考え方や性格上の原因」について探っていこうと思います。

こちらの特徴に当てはまる方が、必ずしも病んだり、潰れたりするわけではありません。(現に私自身もこれまでは問題なく働き、生活していました。)

ものの考え方や性格とその時の環境、タイミングが悪い形でフィットした際に、病んだり、潰れたりするのだと思います。

なので、今はまだ元気に働けている方であっても、「自分はあてはまる考え方・性格を持っていないか?」という視点でこちらの記事を読んでいただければと思います。

※以下の記事で「休んだほうがいいサイン」についてまとめているので、こちらも参考になるかと思います。

仕事で病みやすい・潰れやすい人の特徴

woman sitting on chair while leaning on laptop
  1. 完璧主義者
    1. 全ての人にとって完璧な仕事は存在しない
    2. 満足感を感じることができない
    3. 0→80より80→100の方が労力がかかる
      1. 結果効率が悪くなる
    4. 80を連発する仕事の方が総合成果・評価は高いことを理解すべき
  2. 自責すぎる
    1. 成長につながる面はあるが、責任を抱え込み過ぎてはいけない
    2. 適切な責任分界点で判断する
  3. 優しい一面がある
    1. グレーゾーンにおける判断が辛くなる
  4. 自分は大丈夫だと考えている
    1. 無理しすぎる
    2. かなり状態が悪化するまで、自分の異変に気付けない
      1. 結果重症化する
    3. いざという時に逃げ場がなくなる
  5. 相談できる人がいない
    1. 一人で抱え込めるキャパシティには限界がある
    2. 視野狭窄に陥る
    3. 吐き出すことで楽になれる
  6. 小さいことを気にする
    1. 気にすれば気にするほど、ストレス量が増える
  7. 承認欲求が高め
    1. 承認欲求には限界がないのでいつまでも満足できない
    2. 周囲の人に振り回され続ける
  8. 自分が何のために働いているのか腑に落ちていない
    1. ふと自分自身を振り返った時に虚無を感じる
    2. 自分を見失う
    3. 軸がぶれぶれで行動に一貫性がないので、評価もされにくい
  9. 生活習慣が乱れている
    1. 睡眠、食事など
    2. 疲れ・ストレスが抜けずに消耗していく
  10. 結婚、引越し、近親者の死などのライフイベントに直面している
    1. そのタイミングで仕事の負荷がかかった場合、本人のキャパを超えやすい
  11. 自分に自信がない
    1. 常に自分を責め続ける
    2. 周囲から批判のターゲットにされやすい
  12. 仕事を抱え込む
    1. マルチタスクは効率が悪い
    2. 悪循環にハマると日に日に消耗していく
  13. 仕事を断れない
    1. トラブルが重なった場合に、過剰な負担がかかる
    2. 悪循環にハマると日に日に消耗していく
  14. ストレス発散や気分転換の方法がない
    1. 業務時間外にも仕事のことを考えがち
    2. ストレスが溜まる一方になるといつか爆発する

終わりに

一つでも該当する項目がある人は、自分の今の働き方を見つけ直してみてくださいね。

皆さんの仕事人生が少しでも明るく楽しくなることを祈っています。

以下記事では疲れているビジネスマン向けに「仕事を無理をしてはいけない理由と無理をしないための心構え」そして「人生に疲れた時に試してみること」をまとめています。こちらもぜひ参考にしてください。